ポイントを押さえる

金貨投資を始めよう金貨の投資を行う場合に覚えておくべきことはたくさんあるのですが、いきなり全てを覚えるのは難しいでしょう。まず投資を行うのに適している地金型金貨と、コレクションなどに向いている収集型金貨があることを知っておきましょう。次に金貨の種類ですが、24金と呼ばれている種類と、22金と呼ばれている種類がメインになっています。有名な銘柄については、名前を目にすることも多いでしょうから、覚えておくと便利です。

それから1オンスや2分の1オンス、4分の1オンスや10分の1オンスという種類がメインになっているということも覚えておきましょう通常はオンスという単位で明記されていますが、トロイオンスと明記されていることもあります。このように基本的なことを覚えてたら、今度はどのようにして売買するのかを知っておきましょう。そうしないと金貨の投資はできません。

金貨というのは金の価値プラスプレミア価格で取引されているのが一般的です。そのため、珍しくて市場に出回っている枚数が少なく、デザインが複雑できれいになっている種類が高く売れます。逆にシンプルなデザインの物や、大量に出回っている金貨は金の価値のみになってしまうのです。キズなどが付いていても価値は下がってしまうので、取り扱いにも注意しないといけません。

種類が豊富

投資目的で使用されていることが多い地金型金貨ですが、地金型の金貨は1種類しか存在していないというわけではありません。複数の種類が存在しているのですが、まずはどのような種類があるのかを知っておきましょう。有名なのはウィーン金貨ハーモニーと呼ばれているオーストリアの金貨、メイプルリーフ金貨と呼ばれているカナダの金貨、カンガルー金貨と呼ばれているオーストラリアの金貨です

金貨これらの金貨は99.99パーセントの純度となっているので、いわゆる純金と呼ばれている種類になります。地金型金貨の全てが99.99パーセントの純金というわけではありません。しかし、かなり純度が高くなっている種類ばかりなので、かなり価値のある金貨だと言えるでしょう。どの種類も基本的に純度は90パーセント以上だと考えてよいでしょう。

上記で紹介した種類以外にも、イーグル金貨と呼ばれているアメリカの金貨や、ブリタニア金貨と呼ばれているイギリスの金貨も存在しています。この2種類は22金と呼ばれている種類で、純度は91.67パーセントになっています。ちなみに純金は24金と呼ばれていることは知っているでしょう。このように投資用の金貨にはいろいろな種類があるので、投資家だけではなくコレクターからも人気があるのです。

投資に使われる金貨

金貨はコレクションをするためや、貯金をする代わりに所持しているという人もいるでしょう。それに対して、投資目的に金貨を購入する人もいるのです。コレクションをしたい場合には、デザインを重要視して購入する人が多いのですが、投資の場合にはいかにして価値のある金貨を安く購入し、高い金額で売るかが重要になります。なぜ金貨で投資が可能なのかというと、金の相場はその日によって変わってくることと、金貨の場合にはプレミアが付くのです。
金貨投資について
何もデザインが施していない場合や、同じようなデザインの金貨が大量に出回っている場合には、金の価値しか付かないので、金相場だけ重要視していれば問題ありません。しかし、プレミアが付いている場合には、販売している店によっても値段は変わってきますし、相場の何倍もの価値が付くこともあるのです。特にコレクターが多い収集型金貨と呼ばれている種類は、珍しい物にプレミアが付くことが多くなっていると言えるでしょう。

投資に用いられている地金型金貨の場合には、品質が保証されていることから、プレミアが付くというよりも、元の値段が高くなっていることが多いのです。品質が保証されているということは、偽物が出回ることが少なくなっているので、初心者が金貨の投資を行うのには適していると言えるでしょう。当サイトでは金貨の投資についていろいろと見ていきたいと思いますが、投資に用いられている金貨の種類についても触れているので、ぜひとも参考にしてみてください。